Home > ジュエリー > ネックレスの長さとサイズ

ネックレスの長さとサイズ

ネックレスはチェーンやストリング(紐)の長さによって、呼び方が違います。

・チョーカー

長さが35~40㎝のものをチョーカー・レングスと呼びます。最もポピュラーで、フォーマルにもカジュアルにもマルチに使える人気のネックレス・サイズです。チョーク(choke)とは、首を締め付ける、窒息するという意味があり、首にぴったりと巻きつけることから、ドッグ・チョーカーやドッグ・リングと呼ばれることもあるそうです。

・プリンセス

なんだか、とてもロマンチックな響きの言葉ですね。長さが40~45cmのものをプリンセス・レングスと呼びます。ネックレスの最も標準的な長さとされ、ドレスアップしたときに最も美しく見えると言われています。

・マチネー

マチネー(Matinee)とは、もともと、フランス語で昼間に演じられるミュージカルのことを言います。ネックレスでは、長さが約50~60㎝のものをマチネー・レングスと呼びます。社交界で、昼間の観劇やパーティなどで使われたことから、この名前がついたそうです。また、パール(真珠)のネックレスの標準サイズとも言われています。

・オペラ

オペラはマチネーと違い夜間に開催されるため、フォーマルな装いに適したネックレスの長さをオペラ・レングスと呼びます。長さは約70~80cmと、ゆったりめの長さでドレッシーに装う時に最も美しいと言われるネックレスの長さだと言われています。

・ロープ

長さ105~120㎝のものをロープ・レングスと呼びます。
その名(縄)の通り、チョーカー・レングスの3倍もの長さがあるため、2連や3連にして、また結び目を作ったりして使われることが多いようです。その他のアクセサリー(ブレスレットやリング)と組み合わせて、ゴージャスにバリエーションを工夫してみるのも面白いサイズのネックレスです。


スポンサード・リンク


関連サイト

指輪(リング)イヤリング/ ピアスネックレスブレスレット翡翠(ひすい)ブランド時計
開運携帯ストラップ


Home > ジュエリー > ネックレスの長さとサイズ

Search
Feeds

Page Top